ルアーフィッシング「明日は釣れるといいなあ!」

ハードルアーでメバリング(2)

メバリングのタックル

メバリング用ルアー

私がメバリングでよく使うルアーを紹介します。なお、セイゴ釣り兼用であることをお含み置き下さい。

まず、なんといってもラパラCD5です。投げて只巻き、気分に応じてカウントダウンします。

次は、ワンダー80です。ワンダーの飛距離は魅力です。スロー巻きが有効です。さらに先日、ワンダー60(中古)を2個入手しました。実戦投入はまだですが、戦果甚大なること間違いなしです。

その他実績のあるミノーは、パニッシュ85、ラパラハスキージャーク8とCD7です。たまたま釣れたことがあるルアーとして、ラパラCD9、K-tenブルーオーシャン9S、マールアミーゴ24g等をあげることが出来ますが、こういった比較的大きめのルアーはあくまでも偶発的状況です。

最後に湾ベイト14gを忘れてはいけません。これはデイゲームで使います。前頁の写真3のごとく、爆釣の実績があります。

メバリング用ロッド

私のメバル釣りはスズキ釣り兼用です。したがってメバリング専用ロッドを所有していません。メバリングロッドを店頭でチェックすると、ルアー重量5g以下の製品がほとんどです。ラパラCD5(5g)はキャスト出来ますが、ワンダー80や湾ベイト14gはちょっと無理です。

私が好んで用いる竿は、リョービストリームラインサクラマススペシャル80(旧版)です。この竿のルアーウェイトは「5〜30g」ですが、実際はもっと軟らかめな印象です。もともと軟調だったのか、それとも古くなって腰が抜けたのか不明ですが、20cmクラスのメバルを充分楽しめます。

朝の釣行に竿1本持って出かけ、まず小型ミノーでセイゴとメバルを狙う、夜が明けたら湾ベイト14gをキャストする、場合によってはメタルジグ28gやマールアミーゴ24gも投入する、こんな釣りをしています。したがってせっかくのメバリングロッドも私には活用できません。

メバリング用リール、ライン

私のメバリング用リールはアルテグラC3000です。軽い回転は魅力的です。

ラインはファイヤーライン1.2号、リーダーとしてナイロン(海平)4号を使用しています。かなり田舎仕掛けですが、先述したような事情ですので、ご理解下さい。なお、一般的なメバリングタックルはナチュラム「メバリング特集」を参考にして下さい。

最後に

メバル専門に狙うなら、ハードルアーよりワームをオススメします。その方が大抵たくさん釣れるからです。例外的な日もあるかもしれませんが、大概ソフトルアーが優位です。

ところでルアーアングラーの中には、ルアーフィッシングはエサ釣りより高等な釣法であると断言する人がいます。同様な感覚で、ハードルアーはソフトルアーより崇高であり、ハードルアーこそルアーフィッシングの真髄であるという立派な信条をお持ちの方もいます。

私の場合は、時にはエサ釣り師にも変身するルアーアングラーの風上にも置けない無節操者ですので、そのような確固たる信念を堅持していません。でも、極小ワームではなくミノーでメバルが釣れたりすると、そこはかとない優越感に浸ることがないと言ったらウソになるということを最後に正直に告白する次第であります。


前頁
「ルアーフィッシング入門」目次
ホーム(トップページ)