ルアーフィッシング「明日は釣れるといいなあ!」

新潟東港付近のスズキ(シーバス)(3)

新潟東港付近

最近、新潟東港付近で2回ほど爆釣をしました(7月23日7月24日〜25日)。その後状況が変化して、たぶんもう大したことはないだろうと推察しましたが、私の予測が間違いないことを確認するために釣行しました。そして残念なことに、予測が見事に的中したので紹介します。

7月29日朝飯前、スズキ(シーバス)のルアーフィッシング

7月29日朝飯前、新潟東港付近、晴、ダシ風。
先日の爆釣の際(7月23日7月24日〜25日)、海には濁った阿賀野川の川水が入っていました。しかし、この朝は、潮は澄み、味も塩辛く、川水は入っていません。ベイトもスズキ(シーバス)も河口へ移動したかもしれません。この予測は的中し、1回も当たりませんでした。いわゆる、ボウズです。

7月29日晩飯後、スズキ(シーバス)のルアーフィッシング

クリック!
ルアーフィッシングで釣ったスズキ(シーバス)の写真。
写真1
ルアーフィッシングで釣ったスズキ(シーバス)の写真。
写真2

7月29日晩飯後、新潟東港付近、晴、ダシ風。
新潟の夏の夕刻は、本来なら海から涼しいシモ風が吹き、夏でも過ごしやすい状態になるべきです。しかしこの晩は熱風のようなダシ風が吹いており、典型的なフェーン現象でした。朝、ボウズだったのに再出撃をしたのはリベンジのためではなく、釣れないことを確認するためです。

午後8時から2時間粘って、フッコ54cm(写真1)とハネゴ30cm(写真2)しか釣れませんでした(ヒットルアー:ショアラインシャイナーD40黄色)。

今回は釣れないという予測の基に釣行し、それを確認しました。ダメであっても、こういった積み重ねが次への糧になると信じています。また大雨が降って阿賀野川が濁ったら、そして仕事がぶつからなければ、爆釣するかどうか実釣したいと思います。



ルアーフィッシング釣行記(平成16年)の目次
ホーム(トップページ)