ルアーフィッシング「明日は釣れるといいなあ!」

水門下のスズキ(シーバス) 第2弾

スズキ(シーバス)のルアーフィッシング、9月23日

まず、島見浜縦堤防で、セイゴのバラシ

9月23日朝飯前、晴、ダシの風。波やや高し。
この朝、ちょっと遠出して島見浜の縦堤防に行きました。朝4時半頃到着。真っ暗で、何処が何処だかわからない状態でしたが、数投目でヒット、40cmクラスのセイゴでした。しかし、足元で首を振ったら簡単にばれてしまいました。まぁ、いいか、あんなチビ。

その後、全然アタリがないので水門下に行くことにしました。

水門下へ

6時過ぎ、水門到着。誰もいません。あちこちミノーをキャストしましたが、全然反応なし。もう退却しなければならない時刻、最後のあがきで、テクトロをしてみました。ルアーがゴミに差し掛かるあたりで、なんと根掛かり。と思ったらラインが動いている・・・。ヒット!

クリックすると大きくなります。
ルアーフィッシングで釣ったスズキ(シーバス)の写真。
写真

6時40分、スズキ(シーバス)63cm(写真)。朝日に輝く魚体とヒットルアーのサスケ。なお、テクトロで釣ったのはこれが初めてです。スパイク靴でギシギシいいながらコンクリートの上を歩くと、水中でもよく聞こえるはずです。それなのに、私が通過した直後に、しかも水深数十cmでヒットするなんて、ちょっと信じられません。きっとこれは、まぐれかな?!

昨年(平成14年)は、水門下でランカーを2尾釣りましたが、この年は不漁でした。でも、こんな素敵な朝を経験できれば、私としては充分です。スズキ(シーバス)をリリースして、急いで帰宅したのでした。



ルアーフィッシング釣行記(平成15年)の目次
ホーム(トップページ)