ルアーフィッシング「明日は釣れるといいなあ!」

市立病院経営破綻、いつかはクラウン

先日、市保健センターで講師の仕事がありました。歩いても5分程度なのに、病院公用車が送迎するとのことです。

当日、指定された時間に玄関に出ると、ピカピカした黒塗りのクラウンがアイドリング状態で待機していました。なるほど、これが公用車か、まるで皇族が乗る車みたいだ、ひょっとしたら防弾ガラスかも・・・。

このクラウンは20年前に購入、当時、院長の運転手付専用車だったらしいです。昔はこんな病院でも院長は天皇様だったようです。そういえば、たしかに往時、そんな仇名を風の噂に聞いたような気がします(笑)。

私としては丈夫な脚が2本あるので、市保健センターに出掛ける際は次回から歩くことにします。そうすれば、途中こっそり得意の道草を食うこともできるし・・。

でもこのピカピカのクラウン、維持費とかいくらかかるのかな?公用車なんか廃止して、歩くなりタクシーを呼ぶなりした方が安いような気もします(汗)。

コメント一覧

ブッシュマン先生 同感です。 私の病院は、随分前に公用車をなくし、タクシーを使用しています。
最近では、比較的大きな企業でも、公用車は廃止して、タクシー会社と専属契約をむすんでいるところが増えているそうです(クラウンも可)。
余談ですが・・・、患者さんを送り迎えするのにタクシー会社と定額契約している「透析専門病院」もあります。患者さんをお迎えして時間どおり透析を開始するのにいいのだそうです。
written by 北のCOSMOS / 2007.06.27 17:13

貴重なご助言ありがとうございます。
折をみて提案したいと思います。
でも、あのクラウンは状態良好ですが、いい値段で売れるといいなあ。
written by ブッシュマン / 2007.06.28 07:39

平成19年6月分目次
シーバス日誌 目次
ホーム(トップページ)